「見えない価値を表現する」

行政書士が行う著作権業務とは、著作物を利用する人または利用させる人の立場に応じて、その著作物を適法かつ適正に利用するためまたは利用させるためにあらゆる手を尽くすことです。

著作権は「無体財産権」という無形の資産として扱われます。作品の販売価格や制作委託料とは別の財産的価値があるということです。ただ、「無形の資産」というだけあって、著作権の価値は”見えづらい”のです。この「見えない価値を表現する」には知識と工夫が必要です。

著作権のトラブルは起こってから対処しようとしても、難しくなってしまうことがほとんどです。問題が起こらないようにしておくにはどうするのがいいのか、事前にご相談いただくことで安心してビジネスの進捗を図ることができます。